> プロジェクト > 風連町交流センター (市街地再開発事業)

風連町交流センター (市街地再開発事業)

平成18年3月に名寄市と合併し名寄市となり、現在の名寄市は人口約3万人、道北地方の地域中心都市の一つですが、旧風連町の人口は約5千人で農業を基幹産業とする町です。その市街地には人口の約5割と町の経済、文化、教育、医療・福祉等の各機能が集積していますが、人口は減少を続け、また、商業機能が衰退してきていることから、商店街の魅力づくりや回遊性の強化など中心市街地の魅力向上を図ることを目的とします。

プロジェクトデータ

所在地
風連町
構造及び階数
S造 平屋建
主要用途
集会場
発注者
名寄市
建築面積
延べ床面積
受注形態
JV

関連するプロジェクト